病院のバルトレックスはデメリットが大きい

病院で処方されるバルトレックスは高い

バルトレックスという薬は、帯状疱疹やヘルペスに効く唯一の飲み薬です。この薬が発売されるまでは、症状がでると軟膏や入院による点滴でしか治療できなかった帯状疱疹やヘルペスが、通院による飲み薬で治療できるようになった画期的な製品です。口内炎も引き起こすほどの口唇ヘルペス、軟膏を塗ること難しい性器ヘルペス、体の神経に痛みを引き起こす帯状疱疹といったすべてのヘルペスウイルス感染症に効果がある薬として、世界各国で利用されています。
ヘルペスウイルスに抜群の効果を示すバルトレックスの唯一の欠点は、薬価と呼ばれる薬の値段が高いことにあります。現在では後発品と呼ばれるジェネリックが流通するようになり、同じ効果を持つ薬が比較的安価で購入できるようになりましたが、それでも一錠あたりが300円近くと高額な薬の分類に入ります。しかも病院の医師は、先発品と呼ばれる先に販売された薬しか処方しないため、バルトレックスを5~10日分病院で処方されると診察料や処方料を含めて1万円近くの請求になることもあります。
後発品ではない正規品のバルトレックスを安く手に入れたい方には、個人輸入が最適です。個人輸入とは、薬を販売している海外から個人で直接薬を取り寄せる方法で、病院で加算される診察料も処方料も長い待ち時間もなく、薬を手に入れられます。個人輸入代行会社も増えており、国内のドラッグストアの通販サイトで目薬や湿布を購入するようにカートに商品をいれるだけで、通常は1~2週間で届きます。海外のクレジットカードを持っていなくても決済可能で、薬が届かないといったトラブルも少なくなっており、安心して利用することができます。
個人輸入で薬を手元に置いておくと、再発を繰り返すヘルペスを恐れることが無くなります。ヘルペスウイルスは、小さい頃に水疱瘡に感染することでウイルスが神経に潜り込み、体力が弱った時にウイルスが暴れだして症状がまだ出現するという再発を繰り返すやっかいな病気です。病院では症状が出てからでないと薬を出さないため、いつも水ぶくれが増えたり猛烈なかゆみに悩まされてから通院するしかありませんでしたが、治療薬がいつも備蓄されていると重症化も防ぐことができます。しかも個人輸入でバルトレックスを購入すると送料が無料のことが多く、病院でかかるはずの薬の値段、診察料、処方料も無いため、保険適応で購入するより安く購入することが可能となります。