病院のバルトレックスはデメリットが大きい

中に出すような性行為とバルトレックスの注意事項

性行為にもいろんな手段がありますが、特に避妊具であるコンドームを着用しないことで起きるトラブルも多いです。コンドームは望まない妊娠を防ぐこと役割もありますが、性病から自身の体を守ることにもなります。男性、女性どちらにもメリットがありますので、性行為をする場合は、男性の方が積極的につけるように、そして女性は付けるようなムードに持っていくと良いでしょう。

中に出すような性行為をしていると妊娠だけではなく、性病感染のリスクも高まります。女性は中に出すような性行為をしても、ピルを使うことで望まない妊娠を防ぐことができますが、性病は防ぐことができません。中に出すという性行為をしていれば、いつかは性病に罹る恐れがあります。性病にもいろんな種類があり、重い病気から軽い症状まで様々です。性病は治療をすれば治りますが、ウィルスを所有してしまうことで、その症状と一生付き合わないといけなくなることもあります。それがヘルペスです。

ヘルペスと聞くと性病を想像する人も多いですが、実は性病だけでなく、通常の生活で口から感染することもあります。口唇や性器にできるヘルペスは、ウィルスが違いますので、ヘルペスを所有していても性行為により感染したと考えるのは不適切な考え方になります。口唇、性器ともにバルトレックスで治療ができます。

バルトレックスは、ヘルペスのウィルスを抑える効果がありますが注意事項をよく読んで服用しましょう。バルトレックスの服用は胃腸が刺激されることがあり、注意事項として胃腸が弱い方は胃腸薬を服用している方は、服用の際は主治医に相談してください。バルトレックスはヘルペスの症状を抑えることができますので、注意事項を守って服用しましょう。